2016.09.30

お知らせ

『誰ガ為のアルケミスト』プロデューサーレター#3 (2016年9月)

hr

いつも『誰ガ為のアルケミスト』をプレイしていただいてありがとうございます。
プロデューサーの今泉です。運営チームの考えや『誰ガ為のアルケミスト』の今後の計画を、さらに分かりやすく具体的にお伝えしていくことで、より皆様が安心してゲームをお楽しみいただけるよう「プロデューサーレター」を先月に続き配信させていただきます。

今月はver1.6.0の改修によりチャット機能追加、フレンド枠の上限を拡張などの新機能やホーム画面リニューアル、AUTOのON/OFF変更・宝箱優先・スキル使用設定などの追加など、ユーザーの皆様がより遊びやすくなることを目指し、機能を実装いたしました。引き続きユーザビリティの改善の手を緩めることなく、タガタメを強化してまいります。


1:改善・改修の進捗につきまして
<表示・案内・機能に関する改修>
▼ジョブマスター時の演出追加(10月中旬対応予定)
現状、セットしているジョブ以外でジョブマスターとなった際に、パラメータ上昇の演出が再生されませんが、今後は演出を再生するよう改修いたします。
▼フレンドに関する不具合(10月中旬対応予定)
・既存フレンドの傭兵を雇用して、クエストクリアした際に、フレンド申請画面が表示されてしまう不具合を改修いたします。
・特定条件下でフレンド傭兵のリーダースキル効果が正常に反映されない不具合を改修いたします。
※改修までの回避策として、ホームのフレンド画面に一度入って頂くことで正常にリーダースキル効果が発生いたします。
▼マルチに関する不具合(10月中旬対応予定)
・「パーティに参加」でのマルチにおいて、所持APがクエストに必要値より不足している状況下でユニット変更を行うと、AP不足のポップアップが表示されるため、表示しないよう修正いたします。
・マルチの結果画面において、アプリの強制終了が発生しておりましたので、強制終了が発生しないよう対策を実施いたします。
▼画面の遷移に関する不具合(10月中旬対応予定)
ストーリークエスト選択画面で「戻る」を押すと、スクロール位置が最上段で表示される仕様となっておりますが一画面前に戻るように改修いたします。
▼闘技場の不正に対する対策(10月中旬対応予定)
特定の手順を踏むと闘技場での不正が可能となっておりましたので不正対策として以下の対応を実施いたします。
・行動回数制の導入
・バトル中にアプリを強制終了した場合も勝敗が決まるように改修


2:10月に予定しているイベント・企画につきまして
<新イベント導入>
▼新イベント【異層塔ヴェーダ】実装!(10月中旬より実施予定)
長らくお待たせしており、大変申し訳ございません。10月の中旬を目標に現在新イベント【異層塔ヴェーダ】を準備しております!前回もご紹介させていただいたとおり、今までのイベントやステージとは異なる仕様で「新しい遊び方」となっております。

塔の各階層ごとにバトルを行い、バトル終了時のHPを次の階層でのバトルに引き継ぐ仕様となります。バトルを複数回行うことが前提となり、階層ごとにチーム編制を変更することができますので、皆様の戦略を立ててチャレンジしてください!また報酬もルールに見合うものにしたいと考えております。
差し替えA (1)
※画像は開発中のものです。

また本イベントのイメージを皆様にお伝えできるよう、一部仕様を紹介させていただきたいと思います。
●参加メンバーはLv20以上のユニットから5人+サブ2人を選択可能です。
●ステージクリアで毎階層報酬が取得できます。
●ステージクリア時点での味方HPを次のステージに引き継ぎます。
●参加メンバーはステージクリア毎に変更が可能です。
●HPが0になったユニットは、次の戦いから出撃することができません。
●全滅した場合、再出撃時に敵のHPも引き継いだ状態でスタートします。
●アイテムは使用不可となります。
●数時間に一度、HP0になったユニットも含め、全員のHPを回復することが出来ます。
●ステージは全50ステージを予定しております。
●50ステージを全てクリアすると限定武具が獲得できます。

▼新ジョブ「召喚師」登場(10月1日リリース予定)
攻撃、回復、バフなどの効果をあたえる「召喚獣」を呼び出す、新ジョブ「召喚師」が登場いたします!魔法アタッカーとして活躍する予定で、様々な召喚獣を駆使して、敵への強力な攻撃はもちろん、味方の強化や回復など色々な場面に使用できる強力なジョブとなっております!召喚獣の効果はもちろんですが描きこまれたイラストについても是非ご注目ください。また一部どのようなスキルと効果があるかご案内いたします。

●スキル紹介
召喚獣【カーバンクル】
宝獣の光:指定範囲の味方のHP回復
召喚獣【ルーンカルツ】
猫キングシールド:指定範囲の味方の物防・魔防・素早さを上昇させる
召喚獣【ロードクルセイド】
ジャッジメント:指定範囲の敵に光属性のダメージ
召喚獣【アビスシュバルツ】
ダークフレア:指定範囲の敵に闇属性のダメージ

<ストーリー関連>
▼「聖石の追憶」第4章が登場!(10月1日より開催予定)
今月も聖石の追憶のストーリーが登場します。新たな任務を帯び、カノンと聖教騎士団は再びワダツミを目指します。その先には大きな秘密が…。暗躍する影がそれぞれの思いを飲み込み、物語も大きく動き始めます。聖石の追憶 第4章『受け継がれる大義』ご期待ください。
2
▼ハロウィンスキン登場(10月上旬より実施予定)
今回新企画としてハロウィンスキンが登場します。ユニットは「メア」が対象でスキン登場を記念して★5開放いたします!ハロウィンスキンは初登場となりますのでご期待ください。スキン機能はユニットの見た目を着せかえることができ、スキル発動時のカットインも変更されます。
メア(ハロウィンVer.)
▼ジーク主人公イベント(10月中旬より実施予定)
なんと今回、ジークが主人公となるイベントを実装いたします。ロギとディオスの初陣の日、ジークは同じ地で「血狼」の異名を高めた若き日を思い出す…というストーリーが展開します。その日、ラーストリスの三傑との死闘の果てに錬金術を手に入れ、咎を背負った過去の記憶が語られます。「憤怒の嚆矢」と「血狼」の物語!10月中旬公開予定です。


3:今後予定している企画・機能につきまして
<機能の強化または改善>
▼フレンド表示のソート機能追加(10月中旬に導入予定)
フレンド一覧画面にソート機能を追加し、必要に応じて【レベル、フレンド登録順】などで並び替えが可能となります。フレンドお気に入り機能も追加されます。
▼UI周りの改修(10月中旬に導入予定)
下記画面について、より操作性を向上させるためにリニューアルを行います。
●ホーム画面とメニューのリニューアル:良く使われる武具やショップなどの機能をメニューへ移し、より使いやすくいたします。また、メニューに移した機能等をホームから外し、ホーム画面とメニューをシンプルに分かりやすい形へリニューアルいたします。
●武具関連の画面デザイン:分解など操作がしづらい点や欠片所持の個数を確認しやすくするなど、より快適にプレイできるように改修を行います。
▼マルチ中断復帰機能(10月中旬に導入予定)
マルチプレイ中に通信が切断された場合は、AIに切り替わり、通信復帰後の次の自分のターンから手動に切り替わる機能を追加いたします。


4:タガタメ開発室 制作スタッフからの声をお届けします
<今回の担当:プランナーN>

▼担当業務について
現場管理、施策考案、ユニットやミッション系の設計、クエスト作成等

▼最近の担当したイベントについて
ディルガの漢塾、楽しんで頂けましたでしょうか。今回はあのキャンペーンの裏話を少々お話します。
実はあのイベントは企画会議中に今泉Pの一言「ふんどし作ろう」から始まりました。そのあとすぐ、イラストレーターの席へ行って「やっぱ漢は背中で語らなきゃね」などと話しつつ、5分位でディルガのラフが出来上がりました。当初は「こんなイラストも実は用意していましたよ〜」ということで、後日ツイッターでそのイラストを公表する予定でしたが、イラストあるなら作っちゃえよということで、いつの間にか実際にスキンにすることになりました。ついでに雑誌の裏表紙のような怪しいおしらせ画像やミッションも混ぜつつ、お祭りみたいなイベントへ発展していったというわけなんです。それに負けじと、10月には今までと遊び方が異なる新しいミッション等も企画していますので楽しみにして頂ければ幸いです。
これからもユーザーの皆様の声をゲームに反映しつつ、ぶっ飛んだ企画を行っていきますので皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。


5:おわりに
最後までお読みいただいてありがとうございました。
冒頭でもお伝えしましたとおり『誰ガ為のアルケミスト』は機能追加と改修をすすめ、日々ユーザビリティの改善に取り組んでおります。引き続きストレスなくゲームを楽しめるような環境整備を進めてまいります。
そして、今回、コメントをもらったスタッフからもありましたが、ディルガの漢塾など「遊び心」も忘れずに、ゲームとしての楽しさにこだわりながらイベントや企画を設計していければと思っております。タガタメは遊びやすさも楽しさも、まだまだ強化していきたいと考えており、新イベントのアイデアや企画などもチームで鋭意協議中です。
今後とも『誰ガ為のアルケミスト』を宜しくお願いします。

『誰ガ為のアルケミスト』 プロデューサー 今泉 潤
■『誰ガ為のアルケミスト』 公式Twitterアカウント@FgG_tagatame
■今泉 潤 公式Twitterアカウント @imaizumijun

公式Twitter