2018.02.14

重要

プロデューサーレター「ストーリーハードクエストへの恒常ユニット追加について」

hr

いつも『誰ガ為のアルケミスト』をプレイいただきありがとうございます。

プロデューサーの今泉です。先日のPレターにて今後のハードクエストの方針をお伝えし、たくさんのご意見やご要望をいただきました。12月のPレターやニコ生などで重ねてご説明させていただいた「属性別ハードクエスト」や「魂の邂逅ハードクエスト」の追加していく方針に関しまして、今後継続してプレイしていただければご理解いただけると思っておりましたが、現時点におけるユーザーの皆様の反響の大きさと混乱を招いた現状を鑑みて、「ストーリーハードクエスト」に恒常ユニットの「魂の欠片」を追加していく以前の方針に戻すことをお伝えさせていただきます。
 


■曜日別「属性別ハードクエスト」の廃止について
曜日別「属性別ハードクエスト」を追加した経緯は以下となります。

1. エンチャントジョブの追加ユニット数が増えてきたこと
2. 「魂の欠片」を使用し強化する新機能「真理開眼」が実装されたこと
3. 限定ユニットの欠片を獲得する機会が限られていたこと
4. 武具の種類が増加に伴い進化させるのが困難になってきたこと

上記の様々なやり込み要素が増えて獲得箇所が多数存在していたものを、シンプルに一つに集約して強化できるクエストとして制作いたしました。
この「属性別ハードクエスト」は1日に何度でも挑戦できるという性質上、「魂の欠片」の価値を保つために属性別でランダムに欠片が獲得できるという仕様でした。
これに対し、既存の「ストーリーハードクエスト」と比較して「特定のユニットの魂の欠片が狙えない」というご意見をたくさんいただきました。
初心者から上級者まで育成に迷った時に、プレイすべきクエストにしようという意図が伝わらずに多くのご意見をいただく結果となってしまいました。

「限定ユニット&ピックアップユニットの魂の欠片」、「武具の欠片」、「エンチャントコインおよびエンチャント装備品の図片」、デイリーミッションでの「属性別魂の欠片」が手に入るなど、報酬全体での獲得期待値は「ストーリーハードクエスト」との比較においても上回る設計にしておりますが、特定ユニットの「魂の欠片」の獲得が狙えないことによって、ユーザーの皆様の心証が下方と感じられてしまっていることが、非常に残念に思っております。

1つのクエストでの報酬軸が増えたことが皆様の混乱を招いた原因の一つだと考え、曜日別「属性別ハードクエスト」は廃止いたします。「魂の欠片」の獲得手段とは別の形で、その他の報酬の獲得手段は今後の運営で随時検討していきたいと思います。

 
■「魂の邂逅ハードクエスト」の廃止について
降臨クエストがクリアできない初心者の方にも、新ユニットや既存の「魂の欠片」を獲得できる環境を用意するべきだと考え、確定で獲得できる「魂の邂逅ハードクエスト」を追加いたしました。
こちらのクエストに関してましては、前述させて頂きました通り、「ストーリーハードクエスト」での恒常ユニットの追加再開を今後の方針とするため廃止させて頂きます。
皆様のプレイ状況の違いによる「魂の欠片」の獲得機会の平等化を意図していた為、廃止に関して心苦しくはございますがご理解下さい。

 
■「幻影兵降臨」クエスト
「幻影兵降臨」クエストに関しましては、主に「真理開眼」している新ユニット育成を目的とした上級者向けのクエストとして制作しました。しかし、2月のニコ生でも発表しましたように、新ユニットの真理開眼は「保留」する方針です。今後は引き続き、新たに「真理開眼」が追加されたユニットや、獲得期間が限られているコラボユニットや期間限定ユニットなどを中心に「魂の欠片」の獲得手段として、上級者向けの腕試しの場となるよう楽しめる高難易度クエストとして定期的な開催を継続していければと思っております。なお、高難易度クエストで「周回に時間がかかりすぎる」というご意見をたくさんいただきましたので、確率ドロップから確定ドロップへとさせていただきました。
こちらは変更前の仕様から「魂の欠片」の獲得数が結果的に減ったとのご意見もいただいておりますが、クリアされたユーザーの皆様の平均的な周回数においてのドロップ数よりも、変更後の1回で獲得可能な「魂の欠片」の獲得数は多く、上方修正の内容となっておりますのでご理解下さい。

 


おわりに
最後までお読みいただきありがとうございました。

ストーリーハードクエストへの恒常ユニット追加については運営内でも深い議論をさせていただき、ユーザーの皆様に長くタガタメをプレイいただくことを第一に考え、決断いたしました。
曜日別「属性別ハードクエスト」、「魂の邂逅ハードクエスト」は廃止となりますが、新たな恒常ユニットの「魂の欠片」はストーリーハードクエストに追加していきますので、以前のプレイサイクルで育成を楽しんでいただければと思います。今後も寄せられたご意見に耳をかたむけ、より『タガタメ』を楽しんでいただけるよう運用に努めてまいります。

今後とも『誰ガ為のアルケミスト』をよろしくお願いします。
 
 
誰ガ為のアルケミスト プロデューサー 今泉 潤

■誰ガ為のアルケミスト 2周年特設サイト https://al.fg-games.co.jp/2nd/
■誰ガ為のアルケミスト 公式Twitterアカウント @FgG_tagatame
■今泉 潤 公式Twitterアカウント @imaizumijun

公式Twitter